■ 研究室紹介

化学を武器に生命現象を解明する。

機能設計化学研究室

スタッフ
竹中繁織(たけなかしげおり)・教授、佐藤しのぶ・准教授、辛川弘行・技術職員、原田香緒里・事務補佐員

研究分野
ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、核酸化学、タンパク質化学、有機合成化学、生物物理化学

現在進行中の主なテーマ:
  • ナノ・バイオチップの開発
  • 早期ガン診断を目指したガンマーカー・テロメラーゼ活性の電気化学的検出法の開発
  • コンホメーション病の診断技術の開発:簡易狂牛病(BSE)検査に関する研究
  • 新規生体分子染色用蛍光色素の開発と細胞イメージング
研究内容に関する説明:
竹中研究室では、社会に還元できる技術の実現を目指して研究を進めています.ヒトの遺伝情報解析が急速に進みつつある今,遺伝子レベルでの難病治療法を開発することは大きな目標の一つです.そのためには遺伝情報に基づいた診断法の開発や創薬といった課題に取り組まなければなりません.その基盤となる生命現象の基本的理解も重要な課題です.こうした課題を実現するために,化学に基づくナノテクノロジーやバイオテクノロジーを用いて,生命現象を分子レベルで理解することが私たちの目標です.これまでに開発したバイオチップ技術や遺伝子分析技術を実用化するため,大学病院,医学部,公的研究機関,バイオ企業との共同研究を進めています.欧米の研究者との共同研究により,学術的国際交流も大切にしています.
研究室のホームページへ



九州工業大学工学部応用化学科事務室
お問合せメール〒804-8550北九州市戸畑区仙水町1−1 TEL 093-884-3301 FAX 093-884-3300
Copyright. 2005 Department of Applied Chemistry, Kyushu Institute of Technology All Rights Reserved.