■ 研究室紹介

太陽光で地球環境を守る!!

機能触媒創製工学研究室

スタッフ
横野照尚(おうのてるひさ)・教授、村上直也(むらかみなおや)・准教授、上村直(かみむらすなお)・助教

研究分野
触媒化学、光電気化学、錯体化学

現在進行中の主なテーマ:
  • 可視光応答型超高活性金属酸化物光触媒による環境調和型有害物質分解システムの開発
  • 可視光応答型光触媒による太陽光を用いた環境低負荷型水分解(水素製造)システムの開発
  • 二酸化チタン光触媒のナノスケールでの表面構造制御技術の開発
  • 機能集積型金属酸化物光触媒の開発
  • 高活性二酸化チタン光触媒を用いた環境調和型有機合成システムの開発
  • 金属酸化物光触媒電極を用いた有機電解合成システムの開発
研究内容に関する説明:
資源の少ない日本で、唯一ふんだんに存在する太陽エネルギーを使った様々な反応システムの開発を行っています。中心となる研究テーマは究極の光触媒の開発です。すなわち、太陽光を光源とした超高活性選択的光触媒反応システムの開発を最終目標としています。この研究は地球温暖化の原因となる様々な製品生産システムにともなう大量の炭酸ガス排出を根本的に解決し、次世代エネルギーである水素を太陽光を利用して水から製造できる画期的なシステム開発へつながると確信しています。

研究室のホームページへ



九州工業大学工学部応用化学科事務室
お問合せメール〒804-8550北九州市戸畑区仙水町1−1 TEL 093-884-3301 FAX 093-884-3300
Copyright. 2005 Department of Applied Chemistry, Kyushu Institute of Technology All Rights Reserved.