■ 研究室紹介

粉(こな)&膜(まく)〜その手作り設計図〜

化学プロセス工学研究室

スタッフ
山村方人(やまむらまさと)・教授、馬渡佳秀(まわたりよしひで)・助教

研究分野
化学工学、粉体工学、塗布工学

現在進行中の主なテーマ:
  • コアセルベーション・in-situ重合法によるマイクロカプセルの生成
  • 循環流動層を用いた流動化粒子のコーティング
  • 振動流動層内の粒子運動と気泡挙動
  • 塗布によるソフトマテリアルプロセッシング
研究内容に関する説明:
粉体やコーティングなど機能性材料の生産プロセスを開発しています。中心となる研究テーマは、液体のように振舞う粉の運動解析、粉で粉を覆うコーティング技術、粉を高分子で覆うマイクロカプセル化技術、ミクロ構造を作る乾燥技術です。化粧品、農薬、発電設備などに使われる粉や、携帯電話や印刷用紙などに使われる薄膜を、より効率的に生産する方法の開発を行っています。
研究室のホームページへ
研究室のホームページへ



九州工業大学工学部応用化学科事務室
お問合せメール〒804-8550北九州市戸畑区仙水町1−1 TEL 093-884-3301 FAX 093-884-3300
Copyright. 2005 Department of Applied Chemistry, Kyushu Institute of Technology All Rights Reserved.